天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 贈与税改正の方向性を推理する その3 影響と対策は。

2021.2.10 贈与税改正の方向性を推理する その3 影響と対策は。

2021.2.10 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正, 代表・天野隆のブログ

※本掲載は2020年12月31日に掲載した記事にウェビナー情報、YouTube画像を追加して再掲載しております。当初掲載した2020年12月31日時点の記載内容は変更しておりませんので、一部不自然な表現もございますが、ご容赦ください。

令和2年(2020年)12月10日に令和3年度税制改正大綱が与党から発表されました。その中に注目される記載がP18からP19にあります。テーマは「資産移転の時期の選択に中立的な相続税・贈与税に向けた検討」とあります。ズバリ言えば贈与税の改正の予兆です。影響と対応策を3回(12月29日12月30日・12月31日)にわたって記載いたします。

議論の方向性をもって将来の税制改正を推測すれば2通りが考えられます。

●暦年贈与税制を廃止しすべて贈与は相続時精算課税とする。贈与時は税金がかからずもしくは少なくし、相続の時にすべての贈与を含めて課税する。

●暦年時用制度を見直し、相続前の贈与の加算を、現状の3年前を5年前に、10年前に、15年前にする。これによって暦年贈与の利用の制限をし、資産移転の時期を中立的にしながら資産の再配分機能を強化する。

対応策はどうするか?

今は検討ですが、令和4年度税制改正には出てくる可能性が強いです。

改正はさかのぼって課税強化することは考えにくいので親孝行の子供と、その子供の子供である孫に、教育的配慮をしながら今から有利な暦年贈与を思い切って検討することをお勧めします。

いくらにするかは専門家と相談し決めていただければ良いと思います。

 

本コラムに関連し、天野隆が動画(YouTube)でもわかりやすく解説しております。

 

また、レガシィLIVEオンラインでは、士業・経営者向けに暦年贈与に関するウェビナーを開催いたします。

詳細はこちらをご覧ください。

 

記:資産家を応援する相続の専門家:天野隆。4483

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

今年一年、相続応援日記をご愛読いただきありがとうございました。

コロナ禍の大変な年となりましたが、【皆さまの財産を世代を超えて守り、生活と心を豊かにする】という税理士法人レガシィのミッションのもと、来年も一人でも多くのお客様の相続をお手伝いしたいと考えております。

新年は皆さまにとって良いお年となりますよう、心からお祈り申し上げます。

※新年の相続応援日記は1/7(木)から開始いたします。

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP