天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2009.7.23 2つの遺言書。その1

2009.7.23 | カテゴリ:相続応援日記

2009年7月20日のワールドビジネスサテライトの相続特集と見た方からの問い合わせが増えていますので、一澤帆布工業関係の2つの遺言書について書かせていただきます。顧問先であれば書けませんが(秘密保持)、一澤帆布工業は顧問先ではないことを念のため記しておきます。

最高裁の判決に関しての報道です。

「京都市東山区の人気かばん店「一澤帆布工業」の相続に関し、先代会長の故一澤信夫氏の遺言書の真偽をめぐって親族間で争われた訴訟で、最高裁で信夫氏の3男、信三郎氏(60)側の勝訴が確定したことを受け、信三郎氏が2009年6月24日、同市内で記者会見。「真相究明に基づく判決が出てほっとした。今後は本業に専念したい」と話した。 訴訟では、信三郎氏の妻が、長男と4男だけに株を相続させるとした信夫氏の遺言書が無効だと訴えていた。 会見で信三郎氏は「私たちを信じてついてきてくれた職人たちにお礼を言いたい」と述べる一方、自身の取締役としての地位が復活した一澤帆布工業については、「今どういう仕事をしているのかなどいろいろみた上で、今後の行動を考えていきたい」と話した。 一澤帆布工業は明治時代の創業。平成13年に信夫氏が死去した後、兄弟間で相続をめぐる争いが表面化し、社長を解任された信三郎氏は18年、独自のブランド「一澤信三郎帆布」を立ち上げた。」

3男さんの遺言が真実の遺言と認めた判決のようです。遺言書が2つあったことは事実です。

新しい長男側の遺言が尊重され、その遺言は偽物で無効だという訴えが3男さんから起されました。。その結果3男さん勝利となりました。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1706。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP