相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.8.29 銀座ティファニービルの売却。その1

2007.8.29 | カテゴリ:相続応援日記

NIKKEI NETは2007年8月26日次のように報じました。

日経新聞は2007年8月28日に次のように報じました。「米大手投資銀行のゴールドマン・サックスが米宝飾品大手のティファニーから東京都中央区の 銀座本店ビルを約370億円で取得する。敷地面積1坪(3.3?)当たりの購入額は約1億8000万円。 世界的な信用収縮で欧米中心に大型の不動産取引が冷え込んでいるが、日本の都心優良物件の 争奪戦は過熱気味な状態が続いているといえそうだ。  ティファニーは2003年、それまで入居していた銀座・中央通り沿いの本店の土地と建物を約165億円で購入。今回、入札で買い手を募ったところ国内外の投資銀行やファンドなどが 名乗りを上げ、最高額を提示したゴールドマンへの売却を決めた。ティファニーはゴールドマンと 同ビルの長期賃借契約を結び、営業を継続する。」

まず報道記事なのでその信憑性はこれからですが、話題になりそうですので、この取引に対するコメントを記します。

総額が約370億円です。坪1億8,000万円で205坪の取引です。

2003年に総額が約165億円です。坪8,000万円ですから2.25倍です。

譲渡益は205億円です。購入金額より大きな譲渡益になりそうです。


さて問題はこの路線価です。

平成19年発表があったばかりの路線価図を見ると1平方メール1,655万円ですから

坪にすると5,460万円です。

路線価が5,460万円で取引予定金額が1億8,000万円です。

通常路線価は時価の8割です。

1÷0.8だと1.25倍が標準になります。

この案件は3.3倍です。

注意してみると取引予定金額には建物が入っています。

建物を引くと路線価の何倍になっているか分ります。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1189。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP