天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.1.31 貸地の相続実務その2

2006.1.31 | カテゴリ:相続応援日記

貸地を相続するとき、相続人の相談にのらせていただきます。評価は路線価に、税務署が定めている底地割合(1-借地権割合)をかけます。このお客様の場合は4割でした。納税資金を確保するために、さてそれを物納するか売却するかというご相談です。

売却の検討です。まずは相手先は借地人です。借地人さんにお金があれば成立することもあります。更新が迫っているときがチャンスです。通常は借地契約のままが、借地人に得な場合が多く、困難も予想されます。底地売却交渉の専門家はいます。一方「どうにもならない底地も買います」と言う業者もいますが、その会社に得なことはありませんので、後が怖いと言うことになりそうです。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。621。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP