相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例の創設。その2

2016.1.14 空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例の創設。その2

2016.1.14 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

2015年12月16日に平成28年度税制改正大綱が発表されました。

今回は前回に引き続き、「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例の創設」についてご紹介致します。

前回もご紹介した通り、平成28年度税制改正大綱において、『相続により取得した空き家又はその敷地について、一定の要件を充たす場合には居住用不動産の譲渡所得の3,000万円控除の適用を受けることができる。』との改正案が出ていますが、この特例の対象となる家屋についてご紹介致します。

特例の対象となる家屋については、相続開始の直前において被相続人の居住の用に供されていた家屋のうち昭和56年5月31日以前に建築された家屋であってその相続開始の直前において被相続人以外に居住していた者がいなかったものに限られます。

なお、空き家対策という観点からマンションなどのような区分所有建築物は今回の特例の対象からは除かれるようです。

また、一定の耐震基準を満たしていない家屋については耐震リフォームをしてから売却するか、あるいは建物を除去してから売却しなければ適用を受けることができません。

なお、昭和56年5月31日以前の旧耐震基準下で建築された家屋であっても、耐震基準を満たしていればそのまま売却しても差し支えありません。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 靏岡 直希。3273

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP