天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.10.25 税制改正あれこれその1

2005.10.25 | カテゴリ:相続応援日記

資産家の皆様に年末の税制改正大綱が気になる季節となりました。2006年税制改正は12月に与党税制大綱が決まり、2006年3月の国会で今の与党勢力3分の2以上の賛成で国会が通る予定です。

相続税については2005年は広大地の評価が重要でした。概算で評価が出来るようになりさらにその割合も納税者に有利になりました。2004年は自社株の10%が可能となりました。これは小規模宅地の評価減との選択適用でさほどの影響はありませんでした。2003年は相続時精算課税が導入されました。値が上がっていくものは先に贈与したほうが有利という税制でした。下がったものは逆に不利になるというものでした。贈与戦略が注目されはじめたのもこの影響です。さらに相続税率が変更になり減税になりました。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。524。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP