天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.1.30 相続税調査の実態。その3

2007.1.30 | カテゴリ:相続応援日記

国税庁は2005年(平成17)事務年度(2005年(平成17年)7月~2006年(平成18年)6月)における相続税の調査事績を発表しました。

(3) 調査に基づく申告漏れ相続財産額の構成比は、現金・預貯金等が37.5%(対前事務年度0.1ポイントの減少)で最も高く、土地18.9%(同1.7ポイントの減少)、有価証券16.7%(同0.9ポイントの増加)の順となっている。

申告漏れの内容としては、多額の現金や公社債を自宅等に隠匿するケースや預貯金が借名や仮名の名義であること、また、財産の所在が海外であることを悪用して申告から除外するケース、架空の証書等を作成して相続財産を過少に装うケースなどが見受けられた。

ポイントは割引債、名義預金です。

さらに海外資産です。

当初から申告せずに、その後調査で見つかる場合は、納税者にとっても、不利な点も多いのです。

相続専門の税理士に相談されることを進めます。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。978。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP