天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.6.25 相続税の財源で国債はどうか?

2004.6.25 | カテゴリ:相続応援日記

相続対策の話である。相続税を払う財源として、金融商品で何が安心か?国債は国が保証しているのだから定期預金より安心であるという記述がある。

こんな質問をいただいた。「将来の相続税の財源として、国債はどうですか?」「国が保証していることは素敵なことです。ただし国債は満期まで持っていれば元本保証ですが、相続時が満期時より先に来ると、売らなければなりません。その時の時価で決まります。金利や金融情勢で時価は決まります。となると元本保証の商品ではないのです。」「国は倒れることはありませんか?」「あります。アルゼンチンを見れば分かります。日本は今借金大国です。」

「国債には時価があり、必ずしも額面金額は戻ってこない事を確認しましょう。」とお伝えした。

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP