相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 生命保険を使った相続対策はあるのでしょうか?その2

2005.8.10 生命保険を使った相続対策はあるのでしょうか?その2

2005.8.10 | カテゴリ:相続応援日記

生命保険とは何でしょうか?「今年1年でご自分が亡くなるかどうかを対象にしたギャンブルです。」

ではどんなギャンブルでしょうか?62歳の男性の方の今年死亡する率は、厚生労働省統計情報部が出している『人口動態統計』の性・年齢別死亡率、つまり、2002年の男性・女性について、人口1000人当たり、その年で何パーセント亡くなるかという率を示したものがあります。男性60~64歳を見ると10.4/1000ですから、1%です。100人中99人に入っている方は60歳でも今年は亡くならない。1人の方だけが亡くなるということでございますから、この比率を見て、自分は生命保険に入ろうかやめようかを考えます。

クラス会の名簿を見ていると無くなった方の率が1%以上あることに気づきます。それは実は累計です。生命保険はあくまで今年1年に亡くなる事に対しての保障であります。今年1年に亡くなる可能性について保険料を払うギャンブルであるわけです。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。451。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP