天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.1.26 物納利用率が減少している理由その4

2006.1.26 | カテゴリ:相続応援日記

最初が被相続人数、( )が物納の申請人数、[ ]が物納利用比率です。

1997年、48,611(5258)[12.9%]

1998年、49,526(7076)[14.2%]

1999年、50,730(7075)[13.9%]

2000年、48,463(6100)[12.5%]

2001年、46,012(5753)[12.5%]

2002年、44,370(5708)[12.9%]

2003年、44,438(4775)[10.7%]

2004年、43,488(3065)[7.0%]

このように物納利用比率は減少しています。

理由の2つ目の「相続納税対策の準備がされている方が増え、現金納付が可能になった」について、相続税納付の準備をされている方が増えているのは、現場として実感できます。相続税の納付の厳しさをご存知の資産家の皆様は、早めに売却に向けての測量・交換・問い合わせ等の準備をされているようです。

さらに2006年の税制改正により、2006年4月以降は、物納の不適格物件が明示され、この早めの準備の勢いは更に増すと思われます。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。617。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP