天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.9.3 完全無議決権株式の相続税法上の評価。その1

2006.9.3 | カテゴリ:相続応援日記

中小企業基盤整備機構が事務局となっている「事業承継協議会」事業承継関連会社法制等検討委員会が、2006年6月12日に中間報告を発表しました。その中で、完全無議決権株式の相続税法上の評価については、原則的評価方式から20%評価減を行うことへの意見集約をしている模様です。5月11日の議論を見ているとその審議様子がつかめます。

同委員会においては、2006年(平成18年)5月1日に会社法が施行されたことに伴い、活用の幅が拡充された各種制度について、手続きの明確化や関連する法分野における不分明な解釈の明確化等、事業承継円滑化の観点から法的課題を検討しています。具体的には、議決権制限株式等の種類株式や相続人に対する売渡請求等、会社法の各種制度の活用及び種類株式の評価等について検討しています。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。829。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP