天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.9.2 国税優先の原則と公売と抵当権その3

2006.9.2 | カテゴリ:相続応援日記

ではどんな時に国税優先の原則が出てくるでしょうか?国が税金未納に対抗して、差し押さえた土地を公売にかけます。公売とは国税徴収法の第九十四条にこう定めています。「税務署長は、差押財産を換価するときは、これを公売に付さなければならない。公売は、入札又はせり売の方法により行わなければならない。」

この公売が行われました。売れました。国は債権回収ができました。残ったのは国以外の債権者の抵当がついていない債権だけ、ということになります。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。828。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP