天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2013.6.24 国境から消える税金。その2

2013.6.24 | カテゴリ:相続応援日記

先日、NHKの『クローズアップ現代』で国際的な租税回避が取り上げられていました。

大企業が、法人税率の低い軽課国(タックスヘイブン)に着目した租税回避を行うという事がクローズアップされていました。

日本の法人税率よりもはるかに低い税率、中には全く無税という国もあります。

軽課国(タックスヘイブン)を利用した租税回避とは、簡単に言うと、(イ)自国と軽課国に関連会社を作り、(ロ)自国にある会社は、軽課国にある会社へ、通常よりも多額の資金を払います。

例えば、軽課国にある会社から材料を10円のところ15円で仕入れます。これにより5円資金を多く移すことができます。これによる移転が1社で何億、何兆円にも上ります。

報道では、あるグローバル企業は、自国ではほとんど法人税を納めないで、タックスヘイブンに多額の資金を保有しているとされています。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 風岡範哉。2655

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP