相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2010.9.2 固定資産税に不服がある場合。その3

2010.9.2 | カテゴリ:相続応援日記

固定資産税の税額に不服がある場合には、市町村長に異議申立てを行うことにより納税者は救済されます。

税額に不服がある場合の主なものとしては次のものがあります。

住宅の敷地であるにも関わらず小規模住宅地の特例(評価額の1/6)が適用されていない。

道路にも関わらず非課税となっていない。

なお、東京都の場合、税額計算は都税事務所が行いますが、不服申立ての相手先は東京都知事になりますので、異議申立てとは言わず「審査請求」という呼び名になります。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 1969

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP