天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.10.8 借地権と相続を巡るご相談。その3

2006.10.8 | カテゴリ:相続応援日記

相続が発生して、相続のお手伝いが始まります。処分のしにくい貸地ですから評価減がさらに出来ないか?のお客様の期待が増えます。

貸地の相続税の評価で忘れてならないのは、借地権者ごとの土地の評価です。土地は合計して評価すると高くなります。細分化して相続税の評価をすると安くなります。田中さん、木下さん、木村さん、借地人ごとに、貸地の土地を評価することになります。

他の専門家が作成した、相続税の申告書を見ていて、一体の評価をしている申告書の数に驚きを覚えています。税務署からはこの土地の評価は高すぎるという指摘はほとんど無いようです。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。864。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP