相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.10.8 代償分割と普通の分割。その2

2007.10.8 | カテゴリ:相続応援日記

(質問)

代償分割と普通の分割では税金は変わるのでしょうか。


(回答)

代償分割でも普通の分割でも相続税の額に変わりはありません。ただし、代償分割の場合、非同居の相続人は相続分を現金でもらえることがほとんどので、相続税を払う際に便利という特徴があります。

現金を支払う側、つまり同居していた相続人には非常に重い金銭面での負担がかかるのが一般的です。代償分割が行なわれるのは、分割しにくい農地や事業用不動産が主な遺産であることが多く、すでにそこを利用して生業を営んでいる場合がほとんどです。

このときには土地や不動産を売却して現金化するわけにもいかず、他の相続人に支払う現金と自分で支払う相続税について、自らの収入ですべてまかなわなくてはなりません。

代償分割で現金を受け取る立場の人は、支払う側の重い経済的負担を理解する必要があるでしょう。支払うべき現金を集めるために働けば働くほど、収入が増えることは確かですが、所得税などの税金もその分多く引かれてしまいます。ですから相続分に相当する現金を相続人に要求する際には、税金分を引いた額を目安に折り合いをつけるのが適当でしょう。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1229。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP