天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.6.10 事実の開示から仕事が始まる

2004.6.10 | カテゴリ:相続応援日記

相続の専門家として驚く事があります。

「郵便局の方が、郵便貯金は相続で分かりませんので安心です。理由は財務省と郵政省で話しが出来ていますから。調査は入らないのです。」と言われたとお客様が言われました。「そんなことはありません。今は全部税務署は調べられるようになっています。」と答えさせていただきました。

「銀行の方が来て、預金の過去の記録は調べないでしょう。私は長い事勤務してますが調査が入った経験はありませんので」と言われたとお客様が言われました。「そんなことはありません。25%の相続税申告は税務調査があります。そのほとんどが預貯金の調査です。銀行に行って過去の取引をマイクロフィルムで見ています」と答えさせていただきました。

お客様を応援する本来の仕事の前に、事実の開示から仕事を始めています。事実をお知りになりたい方はどうぞ御質問下さい。

御質問は下記のところまでどうぞ。

http://www.fpstation.co.jp/souzoku/110/110_1.html

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP