天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • サッカ-W杯ベスト16が日本の経済今後の10年に与える好影響。2

2010.7.2 サッカ-W杯ベスト16が日本の経済今後の10年に与える好影響。2

2010.7.2 | カテゴリ:相続応援日記

私の机の前には2030年までのカレンダーがあります。

今年は2010年ですから20年間の月別カレンダーです。

その中で2022年の6月に目立つ印が付けられています。

日本サッカー協会は、2005年にサッカー界の中長期的な指針として「JFA2005年宣言」を発表しました。

その中で、「DREAM~夢があるから強くなる~」というスローガンのもと、日本サッカーは、ひとつの大きな目標を掲げています。「2050年までにFIFAワールドカップを日本で開催し、日本代表チームはその大会で優勝チームとなる。」

http://www.dream-2022.jp/jp/our_bid/index3.html

それを踏まえて設立された2022年FIFAワールドカップ™日本招致委員会は、2010年5月14日に、国際サッカー連盟(FIFA)で行われたBid Book Handover Ceremonyに出席し、「招致ブック(Bid Book)」ならびに「開催契約書(Hosting Agreement)」を提出しました。

スイス時間午前9時から行われたセレモニーでは、各招致国がアルファベット順に登場。日本は午前11時15分(日本時間午後6時15分)、犬飼基昭委員長がステージに上がり、FIFAブラッター会長に招致ブックを手渡しました。

招致ブックには、2022年FIFAワールドカップ™を日本で開催するための大会構想や提案スタジアム、日本や開催地情報など招致活動のすべてが詰まっています。

http://www.dream-2022.jp/jp/news/article/10_05_14_02.html

2022年の開催に向けてライバルは韓国、オーストラリア、カタール、アメリカです。カタールは出場せず、オーストラリアは予選リーグを突破せず、アメリカと韓国と日本は予選リーグを突破しました。

決勝リーグでのいずれも敗退しましたが延長・PK戦まで行ったのは日本だけです。ここに意味があったと思うのです。投票権を持つ理事の方たちに好印象を与えたと思われます。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1929

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP