天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 遺産分割協議時における相続人の配偶者の役割。その3

2007.7.29 遺産分割協議時における相続人の配偶者の役割。その3

2007.7.29 | カテゴリ:相続応援日記

遺産分割協議を進めるときに、もめそうな場合は、基本的には全員が集まらずに話し合いを進めるのがコツです。集まると収拾が収まらないからです。さらに他の相続人を目の前にすると、言いにくいということもありますから、どう進めるかが問題となります。

そこで、全員で話し合うときのルールを決めます。それは、他の相続人、相続人の配偶者の弱点は言わないということです。商売をやっている後継者に「おまえは商売ベダではないか!」とか、同居している長男に「あんたの嫁は何だ!」などというような言葉です。お互いに言ってしまうと「何よ!」ということになりかねません。「そちらこそ!」となれば売り言葉に買い言葉となっていくでしょう。

集まるときには、財産の明細がすべて完成していないほうがいい場合もあります。あと何百万、何千万が譲れないというときに、あとこれだけ相続財産があるとか、節税もこれだけできるなどという部分を皆で分けられるからです。配偶者と一緒に聞いておくと、譲りやすいという場面も多く見てきました。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1158。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP