天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 遺産分割協議時における相続人の配偶者の役割。その2

2007.7.28 遺産分割協議時における相続人の配偶者の役割。その2

2007.7.28 | カテゴリ:相続応援日記

同居の長男が遺産分割協議を進める場合、自分の兄弟たちの意志決定の方法を考えておく必要があります。自分で決めるのか、あるいは夫婦話し合って決めるのかを考えてみましょう。すると夫婦で参加してもらったほうがよい場合もあります。それぞれの配偶者が本家を守る上で役割がある場合です。仕事を手伝っている場合、介護の分担をしている場合等です。

参加してもらわなくても、税理士にそれぞれの家に行ってもらい、遺産分割協議について説明してもらうとよいでしょう。これはよい方法で、トラブルを防ぐ手段になります。遺産分割協議の席で税理士が兄弟に筋道立てて説明し、その場では納得したとしても、それをそれぞれの家庭で配偶者にきちんと説明できるでしょうか。もしきちんと説明できないと、トラブルの原因になりかねないからです。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1157。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP