天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.7.14 遺産分割の実務。その3

2007.7.14 | カテゴリ:相続応援日記

民法906条があります。遺産分割の規準といわれています。

「遺産の分割は、遺産に属する物または権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、

心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする。」

本家相続とは、法定相続分で遺産分割する考えと対比される考えで、本家を残すために、本家を中心とした相続です。ご両親のとの同居、今後の墓守、配偶者の今後の生活費等経済的・精神的負担を考慮して、決める遺産分割の仕方です。

本家相続の比率が76%ということは、資産家の間では、この「本家を残す」という考えが常識的といえましょう。話し合いによって解決する事案がほとんどということも、実務家の視点からお知らせします。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1143。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP