天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2010.12.7 給与所得控除の見直し。その3

2010.12.7 | カテゴリ:相続応援日記

政府税制調査会より、所得税の給与所得控除の見直しについての考え方が発表されました。

役員給与についての給与所得控除の上限を一般の給与所得控除の半分とする案が出されています。

これは、給与所得控除を「勤務費用の概算控除」と「他の所得との負担調整」に分け、それぞれを1/2ずつとする考えによります。

このうち、役員については、給与の自己決定度合が高いと考えられるため、給与所得控除には「他の所得との負担調整」は含まないとしています。

また、高額である給与の水準は資本金10億円以上の会社の平均役員報酬1,655万円を参考とすることが検討されています。



記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2032

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP