天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.9.4 税法は国会が通った法律で決まります

2004.9.4 | カテゴリ:相続応援日記

昨日書いた主婦の勝訴に関して質問がありました。「通達は争って改正されるのですか?」というものです。答えは「そうです。」税務当局は法律だけでは税務行政が実行できないため,行政からの命令や税務署職員を拘束する通達を出しています。ところが、「あらたに租税を課し,又は現行の租税を変更するには,法律又は法律の定める条件によることを必要とする。 (憲法84条)」というのが原則です。これを租税法定主義といいます。すなわち租税は国会を通った法律でしか課税できないと解釈されています。そこで法律の解釈で、納税者と通達を出している課税当局が争い、納税者が勝訴すると通達も変わるわけです。

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP