相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.8.13 税務署の調査はよく考えられている。その3

2007.8.13 | カテゴリ:相続応援日記

税務調査のすごさを述べて来ました。

そこで対策です。

1.税務調査を受ける際に注意すべきなのは、安易な財産隠しはかえって傷を深くするということです。たとえば被相続人が生前に家族名義や架空名義、あるいは無記名で届けていた預貯金、公社債、上場会社の株式などは遺産として申告すべきものです。確実に申告しておきたいものです。

2.仮装・隠ぺいした財産には、配偶者の税額軽減が適用できませんし、単なる申告漏れであっても、延滞税、過少申告加算税など無駄な税金を納めなければならなくなります。さらに悪質と認められれば重加算税が課せられます。これらの事を頭に入れておきたいものです。

3.相続の専門家と相談に乗ってもらうことを薦めます。不安が解消する場合もあります。一方気づいていなかったリスクが発覚することもあります。気になっていることを相談すると精神的に楽になることも多いようです。

4.家族の名義の混乱を避けることが重要です。印鑑は苗字でなく名前にしておくと便利です。違う印鑑が使われていると、預金管理をそれぞれ行っていることが多いようです。金融機関に名前の印鑑を使用することは何ら問題ありません。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1173。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP