天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2008.11.17 税務署が見る相続時の預金残高の妥当性。その3

2008.11.17 | カテゴリ:相続応援日記

税務署が相続税の調査をするかどうか?

その意思決定に際して、預金残高が妥当かどうかを見ます。

毎年の手取り貯蓄可能額が計算されたら、後は年数を掛けます。

これが理論値です。

この金額と相続税申告の預貯金額に大きな乖離があれば疑う可能性が高くなります。

相続税の申告をする際には、この預金額の申告には神経を使う必要があります。

名義が違うが実質的には被相続人の預金だということが多くあるからです。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1537。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP