天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 相続税法50年ぶりの大改正の影響。遺言への影響。その3

2008.11.20 相続税法50年ぶりの大改正の影響。遺言への影響。その3

2008.11.20 | カテゴリ:相続応援日記

12月中旬に発表される2009年税制改正大綱にて、相続税の大改正がほぼ確実になってきています。そこでその影響について考えてみたいと思います。

このような大改正はまさに50年ぶりで、今後の業務には次の検討が必要となってきます。

◇ 今から税制改正を予想する推理力

◇ 新税制を短期に把握する法文読解力

◇ 実務書籍が整わない時期に検討する実務解決能力

◇ 審議できる量と質を兼ね備えた組織力

大きな変化には「高い次元から見る視点」と「混乱の中に必要とされる知恵」を駆使して、私ども税理士法人レガシィでは、毎日検討が行われています。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1540。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP