天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 相続税法50年ぶりの大改正の影響。遺言への影響。その1

2008.11.18 相続税法50年ぶりの大改正の影響。遺言への影響。その1

2008.11.18 | カテゴリ:相続応援日記

12月中旬に発表される2009年税制改正大綱にて、相続税の大改正がほぼ確実になってきています。そこでその影響について考えてみたいと思います。

遺産取得課税に改正されると相続税額が変わります。

全体では中立と報道されましたが、増税か減税かは人によって違います。

一般的には本家には厳しく、分家には甘くなると予想されます。

重要な影響は予想税額の変化です。

新税法が発表後は、シミュレーションで直ちに将来予想税額を計算する必要性が出ます。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1538。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP