天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 相続税法50年ぶりの大改正の影響。遺産分割への影響。その2

2008.11.25 相続税法50年ぶりの大改正の影響。遺産分割への影響。その2

2008.11.25 | カテゴリ:相続応援日記

「世代飛ばしがある場合の子及び孫(孫養子も含む)等の相続税の総額を、世代飛ばしがなかった場合にこれらの者が負担することになったと考えられる相続税の総額と見合ったものとすることを念頭に置いたものとする。すなわち、世代飛ばしがなければ子が負担することになったと考えられる税額を確保(遺産の細分化による負担軽減に対応)するとともに子から孫等へ相続を飛ばすことに伴う税負担の軽減(相続税の課税を1回以上免れること)にも対応したものとする。具体的には以下のような計算方法とする。

(1)孫等が取得した財産も(当該孫等の親等である)子が取得したとして、(子及び孫等のグループとしての)税額を算出する。(世代飛ばしがなければ子が負担することになったと考えられる税額を算出する。)

(2)子は実際に取得した財産に基づき算出される税額を負担するものとする。

(3)孫等は(1)の税額から(2)の税額を差し引いた額(孫等が複数いる場合には取得分で按分した額)に一定の加算をした税額を負担。(加算は子から孫等への相続が飛ばされる(相続税の課税を回避する)ことに伴う税負担の軽減に対応するもの)」

http://www.nichizeiren.or.jp/pdf/080908_1.pdf


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1542。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP