天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 相続税改正の取材で来られた方が驚いたこと3つ。その3

2011.3.7 相続税改正の取材で来られた方が驚いたこと3つ。その3

2011.3.7 | カテゴリ:相続応援日記

相続税改正について、2011年に入り、相続税申告件数等日本一ということで多くの取材を受けました。新聞社、テレビ局、経済誌、専門業界誌等です。そこで今回は記者の方たちに話して驚かれた事を3回にわたって記載いたします。

3つ目に驚かれたことは

「相続時精算課税を使う人は限られている」と私が発言した事です。

暦年贈与と相続時精算課税は選択制です。

相続時精算課税の改正は使う方は限られるので………と

相続時精算課税の改正の話を飛ばそうとすると

「え!そうなのですか?」

「そんなこと、どこにも書いてありませんが……」

「意味が分かりませんが……」

事前の準備をされて来た勉強熱心な方ほど驚かれます。

相続税がかからない人は相続時精算課税が有利です。

贈与の時に税金は安いし、相続でも取り戻されることはありません。

一方、相続税がかかる人にとって。

相続時精算課税は

贈与時に税金が安くても

相続時に加算され、

相続税の負担をすることは不利なケースが多いのです。

こう話をすると理解していただきます。

相続税対策をされる方は資産規模が大きい方です。


天野隆


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。2092

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP