天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.9.28 相続税にも高額納税者の公示制度があります

2004.9.28 | カテゴリ:相続応援日記

所得税では高額納税者の番付が良く話題になります。http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20040517A/index.htm

同様に、相続税を多く納めている人も、高額納税者の公示制度という制度で、全国の税務署で公表されています。

http://www.mof.go.jp/singikai/zeicho/siryou/kiso13g.pdf

その内容は納税地、氏名、課税価格です。普通の言葉で言えば、住所と氏名と相続の遺産分割で得た財産の価格が相続人毎に公表されています。財産の内容はわかりません。亡くなった方との続柄も分かりません。原則的には申告は亡くなった日から10ヶ月で、公示はそれから4ヶ月後です。

アメリカ・イギリス・ドイツにはありませんが、フランス・日本にはある制度のようです。

この制度が必要か?廃止か?良く議論されているところです。

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP