相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.8.18 弁護士と税理士の役割分担。その2

2007.8.18 | カテゴリ:相続応援日記

(御質問)

税理士法人は相続の遺産分割協議に対して、どこまでお手伝いしてくれますか。


(回答)

分割協議は本来法律業務なので会計事務所の仕事ではなく弁護士の仕事であるという意見もあります。確かにその通りです。一方実務ではそのほとんどを会計事務所が窓口になります。ただし、法律絡みの部分では弁護士の力を借りましょう。

□ 実務はこうなっている。

ところが実際は、弁護士が遺産分割協議を取り仕切ることはありません。弁護士が登場するのは、遺産分割協議がこじれて裁判になるほどの「争続」に発展したときで、事前にもめないように調整することはありません。したがって、相続が発生した場合、ほとんどの人が会計事務所に相談することになります。

そこで会計事務所は、「このような遺産分割をすると税金はどうなるのですか?」というような税金の相談を受けるのはまったく問題ありません。それが仕事です。さらに相続税の専門家は適切なアドバイスをするでしょう。

法律相談は受けられないことをおさえ、法律絡みの問題が発生したときには、弁護士と連係して処理することになります。

とくに弁護士の助けが必要になるのは、次のような場合です。

(1) 遺言書の記述が曖昧で専門家としての法的解釈が必要な場合。

(2) 寄与分がありその法律的根拠を法律の専門家が調査する場合

(3) 相続人の1人が遺留分の減殺請求をするといって弁護士を雇った場合それに対抗する場合です。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1178。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP