天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2017.1.10 広大地評価の見直し。その1

2017.1.10 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

平成28年12月8日に平成29年度税制改正大綱が発表されました。

今回から3回にわたって広大地の評価の見直しについてご紹介致します。

現行では広大地と判定された土地については下記の算式により計算されることとされています。

広大地の評価=路線価×面積×広大補正率(※)

※広大地補正率 0.6-0.05×広大地面積/1,000㎡(※下限値0.35)

この広大地補正率は面積に応じて比例的に減額する評価方法であり、広大地の形状等が加味されず、相続税評価額が実際の取引価格(時価)と大きく乖離する事例が多数発生していました。

今回の税制改正により相続税法の時価主義の下、実態を踏まえて財産評価の適正化を図るため広大地の評価方法につき見直しが行われることとなります。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 靏岡直希 3512

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP