天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2013.2.28 平成25年度税制改正大綱発表。その17(海外財産)

2013.2.28 | カテゴリ:相続応援日記

1月24日、平成25年度税制改正大綱が発表されました。

海外と信託を利用した相続税対策で国が名古屋地裁で敗訴したことにより改正となった事例をご紹介します。

アメリカでは、あげた人に贈与税が課されるので日本の親が、アメリカ在住でアメリカ国籍の子供にアメリカにある有形資産(不動産、自動車、現金など)の贈与であれば贈与税が課されて、アメリカにある無形資産(株式、債券、有価証券など)であれば贈与税はかかりません。

一方、日本の親が、“アメリカ在住でアメリカ国籍の子供”にアメリカ財産の贈与をした場合には、贈与税はかかりません。

例えば海外の債券(無形資産)を贈与すると日本でもアメリカでも贈与税がかからないということになります。

 

 改正後は、平成25年4月1日以後の相続、遺贈又は贈与から日本に住む被相続人(贈与者)から海外に住む日本国籍を持たない相続人(受贈者)に対して海外財産の相続(贈与)は相続税(贈与税)が課税されることになりました。

明日は、改正の背景をご紹介します。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 杉澤桜2577

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はhttp://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-inquiry/1_80.html:title=こちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP