天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 居住用財産(マイホーム)を譲渡した場合の特別控除。その3

2010.6.14 居住用財産(マイホーム)を譲渡した場合の特別控除。その3

2010.6.14 | カテゴリ:相続応援日記

「特別控除の特例」は、

長期及び短期保有のいずれの場合も適用可能です。

しかし、「軽減税率の特例」は、

長期保有の場合のみ適用が可能なので、注意が必要です。

具体的には、譲渡した年の1月1日における所有期間が10年を超えることが必要で、

この点に相違があります。

なお、要件を満たす場合には、

「特別控除の特例」「軽減税率の特例」を両方適用することも可能であり、

より有利な税務上のメリットを得ることができます。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 遠藤洋介 1915

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP