天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2012.4.27 家屋の固定資産税。その2

2012.4.27 | カテゴリ:相続応援日記

家屋の固定資産税評価額は平成24年度である今年は評価の見直しが行われます。

家屋の固定資産税評価額は、不動産の購入価格や建築費ではなく、総務大臣の定める固定資産評価基準によって算出しています。

固定資産評価基準では、再建築価格方式が採用されています。

この再建築価格方式は、対象となる家屋と同じものを新築するものとした場合に必要とされる建築費を求め、その家屋の建築後の経過年数に応じた減価を考慮し求めるものです。

したがって、減価償却制度とは全く異なる制度であるため、事業用家屋や賃貸物件の家屋のように減価償却後の残存価額(未償却残高)と比較すると乖離しています。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2373

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP