天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2012.4.26 家屋の固定資産税。その1

2012.4.26 | カテゴリ:相続応援日記

新年度に切り替わり、各自治体から固定資産税の納付書が随時発送されています。

今年は3年ごとの評価の見直しの年にあたります。

役所の作業が膨大になることや平成24年度以降の計算方法が年度末にならないと決まらないことから、例えば東京都では、23区は6月、小笠原村を除く市町村は5月に発送されます。

土地については公示価格が下落しているようであれば、見直しを行わない年度であっても下落修正をします。

家屋については毎年、経年劣化するため、価値は下がるものの、3年に1度しか評価の見直しはされません。

固定資産税の評価額について不服がある場合には、評価替えがされた年度でしか申し立てることはできませんので、今年を逃すと家屋の評価額は平成27年度まで不服申し立てはすることはできません。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2372

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP