天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 国等へ重要文化財等を譲渡した場合の特例延長。その1

2012.4.19 国等へ重要文化財等を譲渡した場合の特例延長。その1

2012.4.19 | カテゴリ:相続応援日記

国にとって歴史上、芸術上価値の高い重要文化財等を国などに譲渡した場合には、非課税の適用がありますが、24年の税制改正によって、対象資産が明確化されて、譲渡先の範囲も広がりました。

 改正の背景として、昨今、文化財の所有者の破産に伴い、文化財が処分されるケースが増加しています。

また、個人所有者によって海外のオークションに文化財が出品されるなど、投機的な売買が生じているところもあり、貴重な文化財の散逸を防止する観点からも税務上の優遇措置が設けられています。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 杉澤桜2367

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP