天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2014.2.26 国外財産調書の提出制度 その1

2014.2.26 | カテゴリ:相続応援日記

平成24年度の税制改正により、平成25年分の確定申告から国外財産調書の提出制度が導入されました。

f:id:amanotakashi:20131212155956j:image:w360:right

今年は制度導入後の初めての申告ですので、その注意点について見てみましょう。

Q1 制度の概要

A1 その年の12月31日においてその価額の合計額が5千万円を超える国外財産を保有する居住者の方(非永住者の方を除きます。)は、翌年の3月15日までに当該国外財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載した「国外財産調書」を、所轄税務署長に提出しなければならないこととされています。

Q2 提出すべき「居住者」とは

A2 国内に住所を有し、又は現在まで引き続き1年以上居所を有する個人です。

また、「非永住者」とは、居住者のうち、日本の国籍を有しておらず、かつ、過去10年以内において国内に住所又は居所を有していた期間の合計が5年以下である個人です。

「居住者」に該当するか否かは、その年の12月31日の現況により判定します。

Q3 対象となる「国外財産」とは

A3 「国外財産」は「国外にある財産をいう」と規定されています。

財産が「国外にある」かどうかの判定について、基本的には相続税法第10条によります。

具体的な「国外財産」については、明日みてみましょう。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 2819

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP