相続でお困りの方 無料相談のお申込み

資料請求

CLICK

無料資料請求
はこちら!

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.8.8 再婚と相続。その1

2007.8.8 | カテゴリ:相続応援日記

父親が再婚したいと言っていますが、遺産相続上どんな問題があるでしょうか。

「父親本人が結婚したいという意思を持っているのなら、その意思を尊重してあげるべきでしょう。」という正論があります。理由は「遺産分割の問題よりも本人が残りの人生を楽しく過ごせることのほうが大切だ」という論理です。今回は再婚と相続です。

結婚とは一般的な言葉でいうと愛を育みながら同居することですが、法律的には扶養の義務を負い、そのかわりに相続の権利を有することだと考えられています。つまり、同居期間の短い再婚だったとしても、法的に結婚をすることで、その相手には配偶者として父親の遺産を相続する権利が認められることになります。期間が短いことがよく問題となります。再婚であっても遺産相続の権利は法的には最初の配偶者と変わりません。ですから、法定相続分は遺産全体の2分の1となり、父親の実子の遺産相続分は父親が再婚をしない場合よりも少なくなります。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1168。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP