天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • タックスプランニング 住宅を購入した場合 その2

2010.6.21 タックスプランニング 住宅を購入した場合 その2

2010.6.21 | カテゴリ:相続応援日記


住宅取得に際し、課税される税金の減額を受けられるものは、例えば次のようなものです。

1、 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税

20歳以上の子供や孫が、祖父母や父母から住宅取得のための資金の贈与を受けた場合には、1,500万円まで贈与税が非課税となります。

2、 新築住宅を購入した場合の不動産取得税の軽減

不動産取得税は 課税標準額×税率 により算出されます。

居住用の一戸建てを建て、床面積が50平方m以上240平方m以下の場合には、上記の課税標準額のうち1,200万円までは無税となります。(居住用か否か、戸建か否かにより要件が異なります)

なお、中古住宅を取得した場合にも、一定の要件を満たせば、優遇規定を受けることができます。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 福島健太 1920

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP