日本経済主な予定 THE JAPANESE ECONOMY MAIN PLAN

  • HOME   >   
  • 日本経済主な予定

2017年

5月

(1) 5月 遺産相続の手続きを簡素化するため、相続人全員の氏名や本籍地などの戸籍関係の情報が記載された証明書(法定相続情報証明制度、仮称)が発行される。
(2) 5月 西濃運輸は長距離のトラック定期便を原則、鉄道輸送に切り替える。トラック運転手の数が約1割減らせる見込み。

6月

(1) 6月8日 英国は、下院を解散して総選挙を実施する。
(2) 6月17日 JR西日本は豪華寝台車「瑞風」を運行させる。10両編成で、大阪駅または京都駅と下関駅を結ぶ。価格は6月~8月出発の1泊2日コースの場合、一番安いロイヤルツインズで1人27万円になる。
(3) 6月 はがきが10円値上がりして62円になる。
(4) 6月 ニトリホールディングスは渋谷に都心型で最大規模の「ニトリ」を開業する。「渋谷シダックスビレッジクラブ」の跡地を改修。

7月

(1) 7月2日 都議選の投開票(6月23日告示)
(2) 7月 青山のエイベックス・グループ・ホールディングスは旧本社ビルを建て替える。
(3) 7月 (マイナンバー)社会保障や税、災害対策の手続で住民票などの添付が不要になる。
(4) 7月22日 東京都議会議員の任期が満了する。
(5) 夏まで ソニーは画像が鮮明な有機ELテレビの世界展開を始める。
(6) 日本マクドナルドは、順次全国でクレジットカードを使えるようにするほか、主要な交通系電子マネーにも対応。訪日外国人の取り込みにつながると判断。

9月

(1) 9月末まで ヤマト運輸が宅配便の基本運賃を引き上げる。

10月

(1) 三井不動産は銀座にホテルを新設する。地上14階建てで、客室数は107室の予定。銀座8丁目の外堀通り沿いで、新橋駅から徒歩3分、銀座駅から徒歩6分の場所。
(2) 秋: 相鉄ホールディングスは六本木でビジネスホテル「相鉄フレッサイン六本木(仮称)」を開業する。駅から1分に立地する。
(3) 京王電鉄は、東京都調布市にシネマコンプレックス(複合映画館)を開業する。合計の座席数は2,100を予定し、多摩地区では立川に並ぶ最大級施設となる。
(4) パナソニックは鮮明な画像が特徴の有機ELテレビを国内で販売する。65型で100万円(液晶4K機の3~4倍)を切らない価格になる見通し。
(5) ファミリーマートは週休3日制を導入する。親の介護など一定の理由を条件に、全社員が選択できる。

12月

(1) 年内 佐川急便を傘下に持つSGホールディングスが株式上場を検討している。早ければ年内。

PAGE TOP